性格診断検査として有名な「YG性格検査」。学校で実際に受けたことがある人もいるでしょうし、就職や転職の筆記試験で受験したことがある人もいるでしょう。

「YG性格検査」をテストとして認識し、対策を考える人が多いのも事実ですが、あくまでフォーマル・アセスメントの「質問紙法」の一つでしかありません。これだけであなたの性格が全て把握できるわけではないことをまずは覚えておきましょう。

ここでは「YG性格検査」についての説明と、活用法について紹介します。




YG性格検査とは?

YG性格検査は「谷田部ギルフォード性格検査」の略称です。もともとは心理学者ギルフォード博士の調査目録から始まっており、谷田部教授が日本版にアレンジしたものになります。

YG性格検査は3択の120の質問から構成されており、選択結果から「12の性格特性」に分類されます。自分がこうありたいという性格や、採用側が求めるであろう性格に合わせようとしても、その分岐を把握するのは難しいです。

また、YG性格検査で強引に性格を望むものに寄せても、本質的な性格は変わりません。テスト時間は約25分とあまり時間も掛けられないテストですので、あるがままに受けましょう。

YG性格検査の12の性格特性

YG性格検査で分類される12の性格は以下のようになります。基本的には12の性格特性を独立的に考えるのではなく、他の特性との組み合わせで判断されます。

D:抑うつ傾向

悲観的な気持ちが表に出やすく、憂鬱な感情になることが多いと判定されます。

C:回帰性傾向

情緒が不安定なタイプと診断されます。気が変わりやすく、感情的な判断が多い人といったイメージです。

I:劣等感

自分に自信が持てず、他者と比較して自分が劣っているという考えを持つタイプとされています。

N:神経質

細かい性格で、心配性であったり、些細なことでイライラしやすい性格と判断されます。

O:客観性

点数が低い場合、「空想家タイプ」と診断され、主観的な強い意見を持つわけではなく普遍的な客観性を持つ性格とされます。

Co:協調性

集団での生活での協調性を表します。点数が低いと人への不満が多かったり、協力して仕事をしたがらないと判断されます。

Ag:攻撃性

点数が高いと人の意見に反発するタイプと考えられます。自分の信念を強く持って、自分の判断が正しいと思えばそのまま突き進むというようにも捉えられます。

G:一般的活動性

仕事が早いとか動作が早いとか、業務をこなす行動力に優れる人と判断されます。

R:のんきさ

何とかなるさ精神のもと、気軽に物事を捉えるタイプ。変化や刺激を求める衝動的な性格でもあると考えられます。

T:思考的外向

この点数が高いと、外向的に考える人と判断されます。つまり、あまり物事を深く考えすぎずにまずやってみようという思考ということです。チャレンジ精神が強いなどと言われます。

A:支配性

リーダー気質がこれに当たります。仲間を引っ張ってリーダーシップを発揮するタイプであるとされます。

S:社会的外向

この数値が高いと「社交的」と判断され、人と話をしたり人と何かをすることを好むとされます。数値が低いと内向的で人と接するのを拒む傾向があるとされます。




YG性格検査はあくまで性格判断の補助

12の性格の事例を見ると、絶対にこの数値が低いと印象が悪いと思ってしまいますね。ただ、YG性格検査はあくまで性格診断の補助です。

採用面接などでは初対面の応募者の性格が面接官の主観で決められることもあります。例えば、面接で入室してくるときに伏し目がちで挨拶の声も小さかったら「この人は内向的で人と接するのが嫌なのかな?」と判断してしまいがちです。

ただ、YG性格検査でその傾向は出ていないかもしれません。そういった主観のみの判断を防ぐ意味でも活用されているのです。

職務適性として使われることもある

採用面接以外にも職場で利用されるケースがあります。配属先として「事務職」「販売接客」「ルート営業」などさまざまな職種がある場合、その人の性格が業務に適しているかの判断に利用されるというわけです。




仕事によって「性格モデル」があるがそれは一端に過ぎない

YG性格検査を行う場合には、多くの人は採用試験での捉えられ方を懸念します。確かに仕事には求められる性格モデルが存在します。例えば「販売職」ならば一般的には以下のような性格が望まれるでしょう。

  • 社交的で話が好き
  • 思考的外交が高く失敗を恐れない
  • 抑うつ傾向が低くポジティブ

ただ、販売の仕方は何も「笑顔で声をかけて売り込む」ばかりではありません。お客様と一定の距離を置いてじっくり観察し、悩んでいる素ぶりがあればゆっくり声を掛けるなど、様々な仕事の仕方があるのです。

YG性格検査のどれかの数値が極端に低いから無理ということはないのです。性格の活かし方は人それぞれの可能性があることを忘れないでください。

まとめ

性格診断のテストは様々なものがあり、企業によって利用するテストも違います。ただ、テストはあくまで判断材料の一部です。

採用試験ならばこの結果は気にせずに、ナチュラルな自分を出してもらえればと思います。また、企業での人事判断などで利用される場合もありますが、その際もあくまで主観的な判断に偏りすぎないための試験であると考えましょう。

テストでどんなに「望む自分」を作ろうとしても、必ず無理がきます。あまり考え過ぎずに参考として捉えてください。