正社員も可能!? 人とあまり関わらない・接しない仕事14選【男女編】

人と接するの疲れますよね?

もともと人と関わるコミュニケーションが苦手な人もいれば、職場の環境が変わって人と関わるのがしんどくなった人もいるでしょう。

職場には人間関係の煩わしさでストレスが溜まり「うつ病」などの精神病を発症する人もいます。こういった悩みを抱える人が憧れる仕事が人と接しない仕事です。

ここでは、人とあまり直接的に関わることなく仕事が可能な職業について紹介します。以前に比べて自分の力のみで完結できる仕事も増えており、正社員採用がある仕事もあります。コミュニケーションが億劫な人や、人と関わることに疲れたら参考にしてみてください。

人と関わらない仕事をどこまで求めるか?

人と関わらない働き方はできるか?

働く上では、人と関わることの負担を多くの人が感じるでしょう。仕事を辞める理由に「人間関係に疲れた」という理由が常に上位にあるように、人と関わらない仕事は、人間関係の問題を特に負担に感じる多くの人の理想です。

ただ、会社員として働く場合は人と接しない仕事を見つけるのは困難です。独立開業をして人との関わりを完全に遮断する事業を起こさない限り、人と全く関わらない仕事ができる可能性はありません。

とはいえ、独立したとしてもどこかで人と関わる必要があるのも事実。やはり、自分が人と触れ合わずに仕事や依頼をこなしたい理由を明確にする必要はあります。

人と関わりたくないのが一時的なものならば時間や環境で改善できるかもしれませんが、「うつ病」「双極性障害」「パニック障害」「対人恐怖症」などの何らかの精神的起因があるならば、やはり精神科への相談なども重要です。

自分が求める働き方はなんなのか?

「人と関わらない仕事」とひとことで表しても、求めるものは人それぞれで違います。

  • まったく人と関わりたくないのか
  • 少人数ならば問題ないのか
  • 自分が認める人ならいいのか
  • 人と関わる時間が短ければいいのか
  • 自分のパーソナルスペースを守れればいいのか

あなたが求める人付き合いレベルを考えた上で、人と関わらない仕事の情報コンテンツを参考にしていただければ幸いです。

【1】人と直接接することなく稼ぐなら「在宅ワーク」


人と直接的に関わることなく完結する仕事として人気なのが在宅ワーク。政府も在宅での業務普及を推進しはじめ、今では「クラウドサービス」というネット上で仕事の発注・受注が完了するサービスも人気です。わたし自身も発注と作業の両方の経験があります。

「在宅ワーク」のお仕事は、下記のような幅広い仕事から選ぶことができ資格や経験がなくても取り組むことができます。

  • アンケート業務
  • データ入力
  • 短文の記事作成など「ライティング業務」
  • サイトへの画像・記事入れ
  • システム・ソフト開発
  • デザイン・ネーミング
  • 写真・画像加工
必ずしもレベルの高い業務だけではなく、「タスク業務」という簡易的な仕事も多くあります。中にはスマホだけでできるものも。

また、「絵を書くのが得意」「IT系の知識がある」「日本語以外の国の言葉がわかる」といった方々は、人と関わらなくとも比較的大きな仕事も受注できます。

発注者とはネット上での連絡が基本

発注者とのやり取りはシステム上で完結しますので、面と向かって人と接する機会はありません。また、お仕事が評価されて正社員への誘いがくることもあります。

高報酬や大口のお仕事を勝ち取ることもできるので、人と関わることなく稼ぎたいならば「クラウドサービス」で在宅ワークを経験しましょう。

クラウドソーシングはお仕事内容も多種多様

「データ入力」も含めて幅広い人と関わらない仕事をしたいならば、クラウドソーシングがオススメです。

サービス会社も複数あり、手数料の設定や「クライアント」にも違いがあるので、複数のサービスに登録して自分でもできる仕事をこなす人が多いです。

簡単なお仕事を無理なくこなして「評価」を集め、クライアントさんの信用を得て報酬アップや仕事を定期的に依頼してもらうこともできます。

とくに人気の3社は以下の通りです。

【1】クラウドワークス【2】クラウディア【3】ランサーズ
クラウドサービスの中でも特に人気のサービス。実際に使用してみるとシステムが使いやすく、受注者も100万人以上が登録しています。人と関わる時間を極力減らしたい人にオススメです。

【広告】詳細はこちら

システム手数料が安く、同じ価格設定でも報酬額はクラウドワークスなどより高くなります。システムに慣れは必要ですが、クライアントさんの手数料も安いため仕事量は増えてきています。

【広告】詳細はこちら

日本最大級のクラウドソーシングといえば「ランサーズ」です。登録者数も多いためお仕事の取り合いにもなりがちですが、仕事量も多いので最初はある程度ターゲットを絞ってお仕事をするといいでしょう。

【広告】詳細はこちら

国自体も在宅ワーク(テレワーク)を働き方改革として推進中

働き方改革の一環として、国としても在宅ワーク(通称:テレワーク)の普及を目指しています。

厚生労働省のサイトでも様々なガイドラインが紹介されており、これからも在宅の仕事は増えていくでしょう。


また、『自営型テレワーカーのためのハンドブック』といった、在宅ワークの仕組みや支援に関するまとめレポートも紹介されています。

こういったクラウドソーシングの普及によって、人と関わらない仕事を、副業はもちろん自営することも以前に比べればハードルが下がっています。



正社員雇用も望める人とあまり関わらない仕事

人と接することが少ないとはいっても、中には正社員採用を狙えるような仕事があります。専門性が必要なものもありますが、簡単なルーチン業務のものまで幅広くなってきています。

【2】webデザイナー


人と関わるのが苦手でも「スキルを活かしたキャリアを積みたい」人におすすめの仕事がWEBに関連するお仕事です。その中でもWEBデザイナーは常に需要がある人気の職種となります。

企業のウェブサイトやECサイトの商品紹介ページを作ったりと、多くの人の目に触れる作品を残すことができます。

人と触れ合う必要があるように感じられますがクライアントとの打ち合わせは営業が行うことが多く、デザイナーは営業と社内でコミュニケーションを取るだけで済むケースが多いのです。

パソコンに向き合って一点集中

実務に関しても、パソコンに向かって黙々と作業することが大半で人とあまり関わる必要はありません。また、一部の会社では「チャットワーク」「スカイプ」「Slack」「zoom」といったオンライン通話やチャット機能を利用してやり取りすることもあります。

人と向かい合って直接的に話をするのが苦手な人でも、このようなコミュニケーション方法なら負担が少ないですね。きちんと作品を残すことができる「WEBデザイナー」はスキルアップやキャリアアップがしやすい職種でもあります。

【3】セールスコピーライター

セールスコピーライター
スキルアップはしたいけど、特別な資格や技術を持っていない人におすすめしたいのがセールスコピーライターです。

「セールスコピーライター」とは、webサイト上の販売品データであったりセールスポイントなどをライティングする仕事のことです。

もう少し高度なライティングになってくると、メルマガなどに使用されるステップメールやダイレクトメール(DM)といった、直接販売に関わるような文章を書くこともあります。

小説家のように長い文章を書くわけではないので、通常の日本語能力があるならばたいていの人が従事することができます。セールスコピーは一種のコツを覚えてしまえば、多くの人がマスターできる職業だといえます。(簡単という訳ではないです)

「一つのセールスコピーで3億円といった恐ろしい報酬を得る人もおり、少ない情報から商品やサービスを売るためのコピーを考える能力は需要も高まっていく職業です。

職務内容は、執筆する商品をウェブサイトなどでリサーチして専用のフォームやワードなどにライティングするという流れがほとんど。

一部、販売先の人へのインタビューなどもありますが、おおよその仕事はパソコンと向き合うことになり単独でできるお仕事を探している人におすすめです。



【4】データ入力

データ入力
人と関わることが少ない仕事で人気なのがデータ入力です。住所や氏名などといった「個人情報」や会社がストックしているデータベースの項目を、エクセルなどに入力していく業務がメインです。

「WEBデザイナー」のようなスキルも必要なく、パソコンを使用できれば業務を遂行できるというハードルの低さが特徴。与えられたデータや指定された情報をパソコンに入力する作業なので、仕事をしている間に発生する疑問点も少なく社内の人と会話をする必要も少ないのです。

重要な情報を扱うポジションということもあり、正社員での求人が意外に多いため人気は高いのです。難点といえば、同じ作業の繰り返しになりやすいこと。単調さが苦にならない人に向いている職業です。

【5】警備員


深夜の「警備員」も人と関わらない仕事の選択肢の一つ。人通りの少ない夜間に行われる道路工事の現場や、24時間開放のビルの警備まで、警備員といっても警備する場所はさまざま。深夜という時間帯の特性上、人と接する機会はほとんどありません。

また、大勢で一か所を守ることも少なく基本的には一人で一定の範囲を警備するため、同僚との付き合いが苦手という人にも取り組みやすい職業です。

ただし、「暗いところが苦手」「体力に自信がない」という人にはおすすめできないのでお気を付けください。また、飲酒で気が大きくなった人に絡まれるなど全くトラブルがないわけではないので、どちらかといえば男性向けの職業です。

その他の「正社員雇用がメイン」の職業

  • SE(システムエンジニア)
  • プログラマー



資格は必要だが人とあまり関わらない仕事

「資格を持つ」ということは、それだけでも様々な職業への就職・転職を有利に進められます。難易度の高い資格の場合には有資格者数も絞られるので、人と接することが少ない職業を選べる可能性もあります。

ここでは、その中でも「就職する上で資格が必要なもの」について紹介します。

【6】トラック運転手


大型車両の免許を所有していて運転と体力に自信のある人におすすめしたいのが「トラック運転手」。

「トラック運転手」は、出発地点で荷物を積み込んで配達先まで届けた後、新たな荷物を積んで出発地点や別の配達先まで運ぶのが主な業務。運転をしている間は基本的に一人なので人と接することはありません。

強いて言うならば、荷物を積み込む際に取引先との会話があるかもしれません。ただ、これも定期便担当でない限りは毎回初対面の人なので、人間関係をあまり必要としないというメリットがあります。ただし、重い荷物を運ぶ必要があるので、体力は必須となってきます。

また、朝や深夜といった「人があまり働いていない時間」に働かなくてはいけないのはデメリットでしょう。

休日や車両事故による渋滞で到着が遅れることもあります。遅れによる修羅場状態で人と接することが必要になりますのでトラブル時の対応は覚悟しましょう。

【7】医療事務


医療事務の業務には、患者さんの受付けや問診、診察介助、カルテの入力というものがあります。その中でもメインの業務となるのが「レセプト(診療報酬請求)」ですが、あまり多くの人と接することなく行うことができる業務です。

看護師の場合は、患者さんの担当を複数持つため多くの人と関わることになりますが、医療事務の場合は「事務系」の業務がメインであり医療系の仕事であっても人と関わる時間は短くなります。

未経験者でも行える仕事ですが、基本的にはこの職業を希望する人は、国家・民間の医療系資格を所有しています。看護系学校の出身者は取り掛かりやすいでしょうが、以下のような資格を取得する必要が出てきます。

  • 医療事務技能審査試験
  • 診察報酬請求事務能力認定試験
  • メディカルレセプションクラーク

これらは資格の一例ですが、女性に人気の職業であるため競争率は高めのお仕事です。

【8】トレーダー(株,為替ディーラー)


トレーダーは、株式や為替などのトレードを専門的に行う業種のこと。証券会社のディーリング部に属する人もいれば、個人で行うようなディーラーもいます。

個人で行う場合はもちろん、証券会社や銀行などに勤務する場合でも、パソコンと向き合って取引を行うことが多いため、人と接する時間は短めです。

銀行などの為替系のトレーダーになるためには、基本的には「総合職」での採用が必要になるケースが多いので、「証券外務員2種」といった資格は必要となります。

株式投資のトレーダーは「ディーラー採用」もあるため直接的には資格がなくても採用はされます。ただ、他の受験者たちの中には、既に資格取得者はいるのは間違いないので勉強の意味も込めて資格を取得しておきましょう。

ディーラーは大きなお金を使う仕事であるためプレッシャーはかなりのものです。採用されるためには投資成績があったほうが有利なため、既に利益を出していて投資が好きな人は目指してみるのもいいでしょう。



【9】通関士


「通関士」は、輸送・航空系といった「流通業」や貿易会社やメーカーといった海外と取引を行う企業で求められる業種です。資格としては貿易系の中でも唯一の国家資格であり、合格率も「13%程度」と難易度も高めです。

業務としては、通関手続きや通関に必要な書類の作成などといった「税に関わる手続き業務」が中心であるため人と関わる機会は少ないです。その資格の強さから働くフィールドは広く、これから先も働く場所に困らない仕事の一つです。

また、最近では個人輸入代行業も流行しているため、個人で実際に店を持って開業を行うことはもちろん、ネット通販業者のサポートサービス業というような展開も可能です。

【10】歯科技工士

歯科技工士
特定の資格が必要とはいえ、人とあまり接する機会が少なく正社員として働くことができる業務として「歯科技工士」があります。

「歯科技工士」とは、医師が患者の診察時に必要と判断して作成した「入れ歯や差し歯・銀歯」などの指示書を元に制作・加工を行う業務のことです。位置付けとしては、医療系技術専門職になります。

歯医者は溢れていますが「歯科技工士」は足りていないということと、歯科の医療レベルが上がって高度な精密加工技術を求められているため、需要は多い職業です。基本的に「入れ歯(義歯)」などの作成がメインのため、接する人といえば歯科医師がほとんどです。

ハードルが高いところは「国家資格」ということで歯科技工士国家試験に合格する必要があります。この資格や経験が必要なため2から4年間は大学や専門学校、短期大学で歯科系の専攻を受ける必要があります。

問題は「長時間労働になるケースが多い」ということです。また、給料自体は決して高くなく「400万円」程度となっています。

その他の「資格が必要」な業務

  • タクシー運転手
  • 裁判所書記官



バイトやパートがメインだが正社員雇用もあるもの

【11】官庁の事務


女性向けで、人と接する機会が少なくかつ「暇」な仕事として有名なのが「官庁の事務職」です。派遣やバイトでの業務となるケースがほとんどですが、求人は定期的にあり、スキルもそれほど必要とされません。

事務職は、勤め先によって仕事量や人との関わりの多さが変わりますが、官庁系の事務職はそれほど多くの仕事があるわけではなく「暇」といわれます。それ故に、仕事を依頼されるときに少し話したりといった、会話が少なめであるケースが多いのです。

給料が安く交通費の支給が片道だけといった場合もありますが、他の仕事との併用やつなぎのための仕事としては最適です。

【12】配達員

配達員
大型車両の免許が無くても、普通自動車やバイクの免許を持っている人には「新聞や牛乳などの配達員」の仕事があります。これらの仕事は朝早くから働くため、あまり人と接する必要はありません。

人があまり活動していない時間帯に自分一人でできるという点では、人とあまり接しないお仕事を探している人にピッタリ。また、特別な資格も必要ありません。

バイトなどが多い仕事のように感じますが、正社員としての雇用に加えて寮が完備されている場合もあり、新天地で仕事を探している人にも従事しやすい職業の一つ。

また、都会や田舎に関わらず、どのエリアにもある職業ということもメリットの一つです。車両関連の免許を持っていない人でも、自転車という手段がありますので諦めずに探してみましょう。

【13】ライン作業スタッフ


人とあまり接しない仕事で、従事しやすい職業に「工場のライン作業スタッフ」があります。

工場の製造ラインで、黙々と作業をこなしていくには無駄口は厳禁。他の人と一緒に仕事をすることはあってもコミュニケーションをすることはほとんどないのが実情です。

また、24時間稼働している工場での勤務の場合、夜間から朝方にかけては人とあまり接する必要がないので、対人恐怖症などの人でも始めやすい仕事です。さらに、季節限定や繁忙期のみといった働き方も可能。

この仕事のデメリットは正社員での求人が少ない点。期間工など「期間限定」での採用のため、正社員を目指すならば契約見直しの際に正社員登用試験に合格するか、地域採用が多い「工場のシフト勤務」などを目指すという手もあります。

ただ、ライン作業とは違って他のメンバーと一緒に作業をするケースも多くコミュニケーションが必須の仕事です。どうしても人と接する機会を抑えたい人は、シフト勤務の募集要項をしっかりと見て、簡易作業系なのか業務が多岐に渡り、人と接する必要があるのか事前に確認をしましょう。

今では、期間工専門の人材紹介サービスも行われており、選択肢は広がって来ています。

その他の「パートやバイトがメイン」な業務

  • 清掃員
  • 治験



独立系のお仕事

人と接することを極限まで減らした仕事というと「独立」が究極の選択でしょう。以前に比べると独立に対するハードルも下がっていますので、自ら「人と接しない仕事」を作り出すというのも一つの方法です。

【14】フリーランス

フリーランス
人と接しないということを追求する人が、最終的にいきつく働き方の一つに「フリーランス」があります。「フリーランス」とは、何らかの分野で独立して会社に属さずに働くスタイルです。

小説家や画家といった芸術型から、パソコンを使ったウェブ関係など、フリーランスにも様々な形があります。「YouTuber(ユーチューバー)」もフリーランスの一つ。

フリーランスは自分のペースで仕事ができますが、盲点なのが自分で仕事を手に入れる能力が必要という点です。クライアントとのやり取りなど、人と接し、自分を売り込むことから仕事を得るのがフリーランスだということも忘れてはいけません。

最近ではクラウドサービス上で依頼されている仕事に応募したり、「ココナラ」で自分の経験をサービスとして売るという方法もあり、以前よりは仕事の獲得に際しても人と接する機会を削減することができます。

その他の「独立系」の仕事

  • アフィリエイト(メルマガ、物販、教材)
  • せどり
  • 農業
  • 職人系
  • 芸術家
  • ネットショップ運営


あなたは過去の職場環境も含めて、人と関わったり接する仕事に疲れきっていることでしょう。しかし、独立開業でもしない限り人と完全に距離を置ける仕事が少ないのも事実。

また、在宅ワークや経験がないような仕事、ましてやパートなどは望んでおらず、正社員や派遣で「人と接しない仕事」に転職・再就職したいことでしょう。

そのためには、少しでも人に関わる問題をクリアできる会社を探すことが重要です。

次の職場では同じような問題が起こらないようにしなければ意味がありません。

転職サイトで人と接しない仕事って検索したらどうなるの?

転職サイトの最大手で求人数も多い「リクナビNEXT」で、人と接しない仕事と検索したらどうなるでしょうか?

では、「残業が少ない業種」などの検索ができる「@type」ではどうでしょう?

いずれも、「人と接しない」「人とあまり関わらない」だけの調べ方では求人がわかりません。

あなた基準の「人と関わらない仕事」に転職する方法

正直に言って、人とあまり接しない仕事の求人があるか否かはもちろん、実際にその可能性のある求人が「人と接する機会が少ないか否か?」は、個人で調べるには限界があります。

「その仕事って、あまり人とは接しない仕事ですか?」なんてことは、自分が興味のある企業には聞けないですよね?(その時点で落ちそうで怖い…)

なので、そんな求人があるのか、多くの求人を取り扱っているところから情報をもらったほうが確実です。そのための2つの転職方法を紹介します。

転職エージェントに人と関わることが少ない企業を紹介してもらう

自分の理想に近い「人と接しない仕事」への転職や再就職を考えているならば、転職エージェントの活用をお勧めします。

転職エージェントは、あなたの「キャリア」「志望内容」に基づいて、自分たちでは検索できないような求人を紹介してくれます。

その際に、あなたが望む人との距離感を満たす働き方をエージェントに説明することで、どういった方向性があるかを一緒に考えることもできます。

本当は一時的な気持ちで、人との関係を絶ちたちだけかもしれません。自分だけで悩んでいても「人と関わらない仕事」を見つけることは困難です。なので、相談して方向性を探ることも重要です。

転職先企業について詳細を確認できる

転職活動をする場合、多くのひとが抱く不安は以下のようなものでしょう。

  • 求人票に書いてある待遇や環境と違う会社だった
  • ブラック企業かもしれない
  • 入ってみたら実は人と接する機会が多かった

など、人との関わりについて悩んでいるあなたにとっては、求人先の企業情報は死活問題です。とはいえ、自分でその情報を集めることは困難でしょう。

自分で確認するのは難しいので、求人元企業とつながっている「転職エージェント」を利用しようというわけです。

登録=転職ではない!

転職エージェントはあなたに転職を強要してくると思うかもしれませんが、あくまでサービス会社ですので、「求職者」と「求人元企業」の信頼が大事なことはわかっています。

ですので転職の無理強いはしません。あなたは自分が望む働き方をエージェントに相談し、自分に合う企業がなさそうならサポートを中止することもできます。

転職サイトを活用して求人情報を待つ

転職に際しても最低限の人としか関わりたくない場合は、転職サイトに登録して求人を待つという方法もあります。

転職サイトは求人検索以外にも「スカウトサービス」というものがあります。このサービスはあなたが望む転職先の企業の条件を設定した場合に、その条件に近い求人が出た場合に伝えてくれるサービスです。

そのスカウトに興味があれば、自分で応募することはもちろん、「転職エージェント」に転職支援を依頼することもできます。

ただし「人と関わらない仕事」か判断することは不可能に近い

スカウトメールは待つだけという意味では便利ですが、人と関わらないでいい仕事か否かまでのスクリーニングは困難です。

せっかく転職して環境を変えようと思っても、何も進展がないとそのままの環境で働き続けることになりかねません。一度プロに相談してみるのが実は一番の近道でもあります。

まとめ

「人とあまり接しない仕事」は確かに複数ありますが、職業によっては次へのステップアップが望みにくいものもあります。また、究極的な選択である「独立」に関してはそれ相応のリスクを背負いながら毎日を過ごすことになります。

自分が優先したいのは、

「人と関わることが少ない」ことだけなのか?
その点を妥協してでも優先したいような項目はないのか?

将来の自分の進路も考えた上で安易に職業を選ぶようなことはせず、まず自己分析をきちんと実施しましょう。