40代の転職は厳しいのか?転職に失敗しやすい人の特徴

40代での転職は、20代や30代に比べて厳しいと言われています。ただ、雇用対策法の改訂によって求人票への年齢制限の記載は禁止されており、年齢別の求人状況の把握は難しくなっています。

40代での転職には若手の転職にはないハードルもあります。ここでは、40代の転職に失敗しやすい人の特徴を紹介します。

40代での転職・再就職は厳しいのか?

売り手市場といわれる現在ですが、中堅層である40代の転職も売り手なのでしょうか?「平成29年:厚生労働省雇用動向調査」によると、40代での転職入職率は極端に悪いというわけではありません。

40代前半の転職者は30代後半の転職者よりも多い結果となっています。ただ、40代後半になると転職入職率は男性で3%ほど悪化しており、必ずしも40代の転職が容易というわけではなさそうです。

40代を過ぎると求人も二極化する

40代を過ぎてくると企業側が求める求人情報も両極端になってきます。

  1. 年齢に関わらず募集する専門性の低い求人
  2. 専門性やマネジメント能力を求める求人

言うまでもなく、【1】のような職種の場合は「職務遂行能力」で判断されるため、20代,30代などの年齢層が重視されます。また、正社員採用よりも契約社員やパートなどの求人が多いのも事実です。

【2】の専門性やマネジメント能力を求める職種は、40代でも正社員採用の求人が多くなります。とくに40代後半の転職の場合はマネジメント能力の要求が高くなり、求人数も減ります。

40代での転職は厳しいですが、不可能ではありません。転職にはタイミングなどの要素も重要ですし、求人によって求められる経験や能力は違います。「40代だからもう転職は無理だ」と考えるのではなく、可能性を探る気持ちは忘れないでください。

40代で転職が難しい人

40代での転職活動は20代や30代に比べて難しいことは一般的ですが、とくに40代での転職に苦労するのは以下のような人です。

転職回数が多い

企業が中途採用をする際に重視することの一つに「長期就労」があります。40代で転職経験が4,5回以上であったり、直近で短期(1年以内など)の転職を繰り返している場合は、求人企業も警戒します。

せっかくコストを掛けて採用しても短期で退職されては企業側も困ります。転職回数が多いことは40代の転職で不利になることは認識してください。

転職回数を気にしない業界もある?

ただ、転職回数が多くても影響が小さい業界や業種もあります。以下の業界は比較的転職回数が多くても寛容ではあります。

  • IT系
  • 介護・医療系
  • 飲食系
  • 外資系
寛容とは言っても限度がありますし、何よりも転職を繰り返した理由がマイナス印象ならば採用され難くもなります。

今までの職歴や実績に固執している

40代の転職となると、やはり年収アップや待遇改善を求める人が多いでしょう。ただ、今までの経歴がそのまま反映されるとは限りません。求人自体が減っているのと、既に在籍している社員との関係性もあり、必ずしも前職と同じ待遇が約束されているわけではありません。

実際に40代で転職活動を行うと実感することになるかもしれません。条件に妥協できない場合は、転職を辞める決断も必要になります。40代での転職では妥協点を明確にしておくことが重要です。

企業の求人分析がおろそか

40代の転職であっても重要なのは求人分析です。企業が求めている経験・スキルや人物像を読み誤っていては、書類選考で不採用が続きます。また、面接でも話が噛み合わないことも起こり得ます。

40代の転職活動では求人数も限られるからこそ、求人先が求めている内容はしっかりと確認する必要があるのです。

新しい環境に溶け込む努力が自分からできない

転職をすると環境はガラッと変わります。今までの会社との文化の違いや年齢層の違いなど、様々な変化があります。40代での転職となると、業態によっては年下ばかりの場合もあるでしょう。そういった環境に身を投じた時に、自ら歩み寄ることは重要です。

既存社員たちは、「どれだけ仕事ができるんだろう?」「どういった性格なのかな?」など、あなたに期待と不安を持って接してきます。その際に歩み寄ることが必要なのです。

まとめ

40代の転職では、二極化した求人に対して自分がどのような転職をしたいかが重要となってきます。求人は思いの外限られてくるので、自分が妥協できるポイントの抽出も重要です。

経験を生かすことに固執するよりも、経験を活かして異業界にチャレンジするという気持ちも求められることがあります。

キャリアコンサルタントや転職エージェントなどの第三者のプロと面談を行って、自分の転職の可能性を探るということが40代の転職では重要になってきます。