1. TOP
  2. 転職情報
  3. 【採用人事への一問一答】司法書士事務所採用担当の評価ポイント

【採用人事への一問一答】司法書士事務所採用担当の評価ポイント

 2018/03/02 転職情報  

今回は、司法書士事務所で人事のお仕事も兼任されているYさんに、正社員やパートの転職希望者の採用のポイントについて、経験をもとにご意見をいただきました。

学歴や転職回数は採用試験にどれほど影響するのか?

司法書士事務所での勤務以前に、飲食大手での人事も経験していましたが学歴はさほど気にしませんでした。

卒業した学校は見ますが、それが基準となって書類選定の段階で合否を決めることはほとんどありませんでした。

転職回数については基本的には気にしていませんでしたが、5回以上になると理由は知りたいと思います。特に短期間での転職が多い人は書類の内容が素晴らしくても警戒してしまいます。


書類選考にかける時間は?短い時間で通過するためのポイントは?

司法書士事務所での応募の場合の応募書類ですが、初回の絞り込みの際は5分程度でした。

面接に進んでもらおうと思う方については、さらに10分程度読み込むこともあります。

「履歴書」で注目・重視するポイントをいくつかあげてください。

手書きの場合は文字の性格を見ていました。美文字だからいいとかではなく、丁寧さや慎重さを感じることができる書き方をしている方。

鉛筆で下書きをされている方については、慎重さを感じるため比較的いい印象を持ちました。

「職務経歴書」で注目・重視するポイントをいくつかあげてください。

だらだらと長く経歴を記録していくというよりは、その仕事でのアピールしたいことや武器を絞り込んで書いているかどうかは見ています。

「この武器があるから、今回応募したのだ。」という、根拠になるものが欲しいと思いました。

応募書類の証明写真で加工しすぎはやめて欲しい

最近は証明写真もある程度加工できるようで、加工され過ぎたものがあった場合は怖いなと思いますし、そこまで取り繕う必要があるならば書類を充実させて欲しいです。

また、アルバイトさんやパートさんの面接でも、比較的年配の方でもスナップ写真を切り取って貼ってくる方が見受けられました。

司法書士事務所のような仕事の場合、仕事への姿勢を見る上では気になるポイントではありました。


応募書類で通過しやすいのはやはり志望動機がしっかりしているもの

書類選考の段階で面接に進めてみたいと思うのは、やはり転職への目的や理由がはっきりしている人です。どういった目標や目的があるから今回応募したのかということは、短くてもいいのでしっかり記載して欲しいです。

特に異業種からの転職希望の方については、なぜこの会社なのかを書類の中でアピールされているかどうかが必要です。

ぱっと見でもこれは不合格だなと思う応募書類は?

履歴書の場合、空欄が多すぎる人はその人のイメージを想像できないので、読まないで終了してしまうことが多いです。ネット応募の履歴書に特に見受けられます

職務経歴書についても、文章がダラダラと書かれていて、長過ぎて何が言いたいのかわからないものはあまり読みたくはありませんでした。やはりPRポイントをしっかりとブロックで分けた箇条書きが望ましいです。

「未経験応募者」の応募書類はどこに注目しているのか?

熱意だけではなく、基本的なスキルがあるかどうかは重視します。

飲食店では家庭でしっかり包丁を使ったり料理をしたことがあるのか
司法書士事務所については、パソコン業務がメインのため抵抗がないか

双方に共通して言えることは、仕事特有の専門的な部分以外を自分自身で身につけてくれているか、身に付けようとしてくれているかどうかがポイントになってきます。


面接や初めて応募者と会った時に目がいってしまうポイント

  • 身だしなみ、靴
スーツの着こなしやマナーができているかどうか、靴は綺麗にされているか(古くても綺麗に扱っているかどうか)

  • 開いたカバンの中
カバンの中身が見えた時に綺麗に整理整頓されているかどうかは目がいってしまいます。


面接における逆質問の重要性や評価するポイント

面接においては逆質問はそれほど重要視はしていません。ただ、質問をしてくる応募者の方は、会社に対して興味を持っていることのアピールにはなると思うので、ないよりはあった方がいいです。

逆質問で「この人は見込みあるな」と感じる質問は?

アルバイトやパート採用の方で、社員登用について積極的に質問してくれる人。取得できるであろう資格についてや、資格保有者の比率、入社後に取得できた人の割合など。

今後の事業拡大について、またその仕事に自分も携わりたいという発言をした方ですね。自分が採用されて入社した後の「未来」が見えるような逆質問は評価が高いです。

逆質問であまり印象が良くない質問は?

やたらと休日取得日数について質問してくる方、労働時間について、社長はワンマンなのかどうかなど、待遇面や会社の細かい部分の質問が多い方です。

何のために弊社を受けに来たのかわからなくなります。そう言ったことを面と向かって言える人は、一緒に仕事をする際にも配慮に欠けると感じてしまいます。

これだけは面接の時に確認するという人事独自の質問

わたしの場合は、正社員希望の方々には、1年、3年後のビジョンを持っているか聞きます。長い期間の目標を聞かれる方が多いかとは思いますが、まずは現実的な目標であったり、希望があるのかどうかを確認するようにしています。

そうした夢を持って仕事に向かおうとしているのかどうかが気になるので、面接の際にはほぼ確実に確認しています。


筆記試験は合否にどれくらい影響するのか?

司法書士事務所ではPCも含め簡単なスキルチェックを行なっています。

合否の比率としては30%くらいは影響していたかとも思いますが、どちらかというと採用された際の配属先への適性があるかどうかを見る部分が多いです。


採用する人と不合格にする人の違いはここ

教科書通りの人(エージェントからのレクチャー通り)の人は採用しませんでした。自分自身の個性をどこまで持っているかどうか、自分の言葉や考えで物事を話せることが重要です。

決してスラスラとお話しできればいいわけではなく、緊張していてもいいので、まっすぐに伝える力を持っている人が採用される確率が高いです。

その他ですと、自分の職場で働く姿がイメージできる人は合格への確率が上がると思います。


面接に来る応募者に向かってのアドバイス

自分を着飾り過ぎず、自分自身を一番理解した上で、自分の言葉や意志を持って面接に取り組んでいってほしいです。

異業種からの転職者の場合は、やる気は重要です。あとは、仕事に対してどこまで努力しようとしてくれるかという点を見せてくれるかどうかで判断しています。経験者でもやる気や向上心がないかたもいらっしゃいますので。

緊張するのは当たり前ですし、面接官もそこは当たり前だと思っています。その職場に入る、働くイメージを浮かばせることができる人が、合格へ一歩近づきます。頑張ってください。

\ SNSでシェアしよう! /

~職りんく~ 転職・就職、あらゆる「仕事」とあなたがつながるの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

~職りんく~ 転職・就職、あらゆる「仕事」とあなたがつながるの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 【期間工という仕事】トヨタ、ホンダなど自動車業界で働く人に聞いた!

  • 採用のための転職エージェントの裏事情【元コンサルタント一問一答】

  • 精神的に楽な仕事ってなに?|正社員で働く女性や男性の仕事体験談

  • 退職理由にうそは厳禁!|転職時に面接や会社で伝えた事例ランキング

  • 正社員も可能!? 人とあまり関わらない・接しない仕事14選【男女編】

  • 転職面接の対策は「準備で8割」決まる|エージェントが教える面接必勝法