性格応用心理士

「性格応用心理士」とは?

「一般社団法人 性格応用心理士」が資格認定を行っている、民間のコンサルタント資格です。

古くから自我・気質診断に利用されている「エニアグラム」を用いた、「エニアグラムコーチング」を利用して、個人様向けのカウンセリングはもちろん、企業様向けの組織力向上を支援に役立てることができます。

エニアグラムとは?

人間の人格特性を9つのタイプに分類するアセスメントツールで、発祥は1万年前ですが、それ以降にも前医学的・心理学的な研究が続けられています。

エニアグラム

「エゴグラム」や「MBTI」などの性格分析ツールと違って、人間の本質的な部分である「自我・気質」を分析します。

それぞれのタイプは、以下の3つの脳内化学物質の分泌量の高低によって違いがあります。

  • ノルエピネフリン
  • セロトニン
  • ドーパミン

エニアグラムのタイプは、人間の気質や個性、価値観や生き方に大きな関係があることが科学的に解明されています。

エニアグラムは、スタンフォード大学MBAコースを始め、CIA、モトローラ、ディズニー、ヒューレットパッカード、日本では、ソニーや博報堂、法務省や財務省などでも導入されています。

エニアグラムコーチングとは?

コーチングとは「気づきをもたらす質問の技術」です。エニアグラムコーチングでは、「自己理解」に特に重点的に取り組みます。

まず、生まれた時から持っている「自我・気質」を、エニアグラムのタイプ分類によって把握します。

そして、それぞれのタイプが持っている恐れや囚われを受け止めた上で、内面の変化・成長、つまり「自己成長」を促すことを目的としています。

性格応用心理士に必要なこと

性格応用心理士の資格取得者は、実際にクライエントの自己成長を促す関わりを行っていくことになります。

クライエントは、精神的なトラブルを抱えている場合もあります。ただ、恐れやストレスを感じるポイントはエニアグラムタイプによって異なります。

例えば、タイプ9のクライエントに対して、タイプ5に接する時に利用する関わりをしても、タイプ9の人が抱える問題は解決できません。

性格応用心理士は、「自己理解」によって自分の関わり方の癖を見直し、相手の性格タイプを「他者理解」した上で、その人のエニアグラムタイプにあった関わりを行う必要があります。

性格応用心理士の受験案内

本サイトからのお申し込みの場合、「ビジネス能力開発株式会社」からの直接お申し込みより、数千円お安く購入可能です。

「性格応用心理士」資格取得のメリットの紹介はこちら

性格応用心理士1級

「通信学習」と「認定試験」のフルパック

「認定試験」のみを受けたい方向け

「性格応用心理士2級」取得者向け

性格応用心理士2級

「通信学習」と「認定試験」のフルパック

「認定試験」のみを受けたい方向け